用語解説

適性検査|適性検査の種類とその使われ方

適性検査とは、その人が仕事をする上で、業務に適した特性・能力を持っているか判定する為の検査です。


適性検査の種類

適性検査には大きく分けて二つの種類があります。


・性格検査:主に性格やタイプを見極める為のもの

面接だけでは見抜くことができない性格などを、さまざまな角度から分析し見ることで、自社が求める人材かどうかを判断しています。


・能力(学力)検査:基礎学力や論理的思考力などを見極める為のもの

単に常識力や基礎学力を見るだけではなく、得意な業務分野や、求めている仕事をこなしていく能力があるかなどを見ています。


検査方法

● テストセンターで受験する

● 自宅のパソコンで受験する

● 企業の用意した会場・パソコンで受験

● 企業が用意した会場で受けるペーパーテスト


適性検査の主な種類

SPI

国内の企業の約半数が適性検査にSPIを導入していると言われています。
SPI検査では一般常識や読解力が問われる言語問題と、中学生までに習得した知識の応用問題となる非言語問題があります。


クレペリン検査

古くから行われている心理検査で、並べられた数字を淡々と足していくだけの単純作業のテストです。
また、言語の制約を受けず、文化の違いによる影響も小さいため、外国人の方を採用する際にも利用できます。この試験では、「能力の特徴」と「性格や行動面での特徴」が注目されます。


玉手箱

SPIに続くシェア率を誇る玉手箱。自宅から受験できるテストとして知名度があります。
試験科目は性格検査と、言語3種類・係数3種類・英語2種類、計8種類の問題パターンからなる能力テストで構成されます。1問あたりにかけられる時間が短いということ、また同じ問題形式において1種類の問題のみが出続けるという特徴があります。


CAB

SEやプログラマーなどコンピューター職に関連する職を希望する場合に用いられる事が多い検査です。Web版とペーパー版の違いは制限時間のみで、Web版の方が短く設定されています。
法則を見抜く問題、暗算の問題、暗号の読解など理系分野で必要とされる能力の測定に重点を置いています。


GAB

高い知能を必要とする商社や証券、投資業界などでよく取り入られ、よりパーソナリティ特性の把握に比重をおいた検査です。
CAB と同様で、Web版とペーパー版の違いは制限時間のみで、Web版の方が短く設定されています。

適性検査の使われ方

企業により、主に2つの使われ方があります。


・気になる点がないか、面接官の評価と相違がないか、の確認として利用するケース

事前に適性検査を受けてもらい、どういう特徴がある人なのか、強みや弱みを理解した上で面接を実施し、気になる点は面接の中で確認する等、面接する上での事前データとして使用します。

また、面接官の評価が間違っていないかを、適性検査で客観的に確認するケースもあります。

この場合、適正検査はあくまで面接を実施する上での参考情報であり、適性検査自体が合否の直接的な判断理由とはなりません。


・適性検査で応募者を選別し、足切りとして利用するケース

選考要素として重視し、適性検査の結果で合否が出るケースです。

企業が求める適性を一定ライン以上持つ応募者を対象に、面接が実施されます。

この場合、適性検査は選考の合否に直接的に影響を与えます。

マネトレでは、マネジメントや人材育成、組織開発に役立つさまざまな資料を、無料で公開しています。ぜひお気軽にダウンロードください。