反対意見を出すなら代案もセットで、は正しいのか?

ミーティングや議論における進行ルールの一つに、「反対意見を出すなら代案もセットで」というものがあります。
批判的な意見が出やすい、否定的な意見ばかりのチームにおいては、話を前に進めるためにとても有効なルールですが、実は落とし穴もあります。

本資料では「反対意見を出すなら代案もセットで」という一見正しそうなルールに潜む落とし穴について解説します。

この資料で分かること

・「反対意見を出すなら代案もセットで」は正しいのか?

・反対意見を表明する際に必要な3つのルール